114 メタ認知

啓発

メタ認知

自分自身を客観的に見る。俯瞰してみる。客観的な自己を知る事が学びや成長に繋がる。しかし自分を知ることは難しい。意識しなければ見る事が出来ないのである。

視覚的な情報であっても細かな所は意識しないと「見ていない」のと同じであり、覚えてもいない。例えば「売り場にパンが沢山並んでいた」は記憶には残る。しかし、全ての種類や数は覚えられない。「カレーパンは何個あった?」は意識が無ければ「重要でない」と判断し記憶に至らない。

つまり脳は記憶しない仕組みも持っていることになる。

だから自分に意識を向けメタ認知する事が求められる。改めて自分の知らない自分の一面(他人が見ている自分等)を探してみる事に意識を向け自分自身の思考パターンや行動パターンを記憶に定着させていく。

自分の持つ価値観が土台にあり、それを基に感情が生まれ自分の思考や行動に影響を与えている。自分の考え方や感じ方が、行動や振る舞いにどのように影響しているか?「己を知る事」「己の価値観も知る事」で自分の中の考えが自律していく。また、改善もしていく事が出来る。

メタ認知を意識して自分を知る事が成長に繋がり、価値を生み出していく。

レストラン・ホテルで飲むワイン・洋酒を販売【Million Cellar】

コメント

タイトルとURLをコピーしました