27 失敗はチャレンジしている証拠

啓発

失敗はチャレンジしている証拠

仮説を立てて検証していく時、成功・成立する証拠だけを集めていては検証にならない。不都合な真実を受け入れることで本当に仮説が検証できる。

仮説が五割出来上がっていても、そこから反対の証拠が集まるようであればボツの方向の考えも受け入れなければならない。

失敗は言いにくいものです。しかしはっきりと「この仮説はダメでした。」と言うことが企業にとっては重要である。その方法は出来ないと判明したからである。

失敗を隠さない。これが個人や企業にとって学習の機会だから。

失敗を認める勇気、時には出来かけの物を壊す勇気が必要。

業界最速の即日払い【アットエンジニア】


コメント

タイトルとURLをコピーしました