81 自分を責めない

啓発

自分を責めない。

失敗やミスは誰でもしてしまう事であって、自分を責める事ではなく反省する事。

反省とは「自分のしてきた言動を顧みて、その可否を改めて考える」とあります。すなわち自分の行って来た事で良くなかった所を認めて、改めようと考える事。

自分を責めるような思考でいると、過去の同じ様な失敗に直面した時「また同じ失敗を起こしてしまうかも?」と頭に過り、自分でプレッシャーを賭けてしまう事になる。これはカリギュラ効果の一つで「やってはいけない」と思うほど「やってしまう」と言う心理である。

失敗やミスを犯してしまった時は「大丈夫」「なんとかなる」と自分に声を掛けてあげる。そうすると間違った過去に悩むのではなく、修正するために学習し対策を考える余裕が生まれる。

誰でも選択ミスはある。失敗の大小ではない。事実を認め受け入れる事が大切です。失敗に怯えず次に生かせるように教訓とし、自分の失敗は自分の中で全て許す。「次は大丈夫」と声を掛けてやる。自分の受け口が大きくなっていくと自信が付きポジティブな思考が生まれてくる。

自分を責めるのではなく、自分を許す余裕を持つ事。

フリーランスエンジニアの案件獲得なら【アットエンジニア】

コメント

タイトルとURLをコピーしました