85 励ましから対話へ

啓発

励ましから対話へ

仕事には目標が付き物です。部下が本気で目標を達成するためにはどうすれば良いのか?ひと昔前では「頑張れ」「やればできる」「やってみないと解からない」と励ましていました。しかし今は、ただ何となく業務について仕事をこなしていくだけで「目標を達成して、それから?」と言う人が中には居てませんか?言われた作業を熟していくだけで思考停止になり、怠惰に流れる人がいるのも現状です。

私なりの方法は対話です。無気力で消極的な部下と対話する時は、目標と成果をハッキリと区別し、目標を達成すればどんな良い成果があるか?何か学びはあるか?どんな障害があるか?その時々の感情はどうなのか?目標にまつわる事を相手と一緒にたくさん話し考える。

対話の中で相手に少しでも新しい発見を自分の中に見出す事が出来れば「やってみようか」と思い、意識が目標へ向かいます。そして、自分自身で目標を設定し、仕事をこなしてくれれば良い。

きっかけを作ってあげる事で行動に移りやすくなり、行動を起こす事でやる気が高まってくる。そして成長している事を承認してあげる事で目標達成への意欲が増し、成果を上げる事に繋がる。

目標について話をする事は決して無駄な時間ではありません。励ましがいらないのではなく、その前に対話する事が大切なのです。

副業マッチングプラットフォーム【WorkAny】

コメント

タイトルとURLをコピーしました